信仰

110 of 89 items

聖霊の導きに従う(2019年6月9日)

published  by

わたしが言いたいのは、こういうことです。霊の導きに従って歩みなさい。そうすれば、決して肉の欲望を満足させるようなことはありません。(ガラテヤ5:16)  キリストを信じることは聖霊の働きによるものです(一コリント12:3 […]

キリストの体の一部となる(2019年5月26日)

published  by

もし体全体が目だったら、どこで聞きますか。もし全体が耳だったら、どこでにおいをかぎますか。そこで神は、御自分の望みのままに、体に一つ一つの部分を置かれたのです。      (一コリント12:17-18) 「もし体全体が目 […]

聖霊がくださる力(2019年5月19日)

published  by

ある人にはその同じ“霊”によって信仰、ある人にはこの唯一の“霊”によって病気をいやす力   (一コリント12:9) 9節の前半には聖霊の賜物として「信仰」が挙げられています。キリストを信じる信仰が聖霊によって与えられるの […]

聖霊の導きによって語る(2019年5月5日)

published  by

ここであなたがたに言っておきたい。神の霊によって語る人は、だれも「イエスは神から見捨てられよ」とは言わないし、また、聖霊によらなければ、だれも「イエスは主である」とは言えないのです。                (一コ […]

恵みを受けるにふさわしい人(2019年4月7日)

published  by

だれでも、自分をよく確かめたうえで、そのパンを食べ、その杯から飲むべきです。主の体のことをわきまえずに飲み食いする者は、自分自身に対する裁きを飲み食いしているのです。       (一コリント11:28-29)  「自分 […]

心に刻まれた食事(2019年3月31日)

published  by

また、食事の後で、杯も同じようにして、「この杯は、わたしの血によって立てられる新しい契約である。飲む度に、わたしの記念としてこのように行いなさい」と言われました。         (ルカ11:25)  「新しい契約」とい […]

社交の場と教会の違い(2019年3月24日)

published  by

それでは、一緒に集まっても、主の晩餐を食べることにならないのです。なぜなら、食事のとき各自が勝手に自分の分を食べてしまい、空腹の者がいるかと思えば、酔っている者もいるという始末だからです。              (一 […]

両立しないものを見分ける(2019年2月17日)

published  by

それとも、主にねたみを起こさせるつもりなのですか。わたしたちは、主より強い者でしょうか。(一コリント10:22) 申命記32章16節には「彼らは他の神々に心を寄せ 主にねたみを起こさせ いとうべきことを行って、主を怒らせ […]

聖餐式の意味(2019年2月10日)

published  by

わたしたちが神を賛美する賛美の杯は、キリストの血にあずかることではないか。わたしたちが裂くパンは、キリストの体にあずかることではないか。                (一コリント10:16) 「あずかる」という言葉は、 […]

神に立ち返る場所(2019年1月27日)

published  by

それで、わたしはこう判断します。神に立ち帰る異邦人を悩ませてはなりません。   (使徒15:19)  エルサレムの使徒会議で、主の兄弟ヤコブが、異邦人がキリストを信じる信仰のみによって救われることこそ神の意思であると示唆 […]