Sermons by 三好 明

110 of 223 items

当伝道所牧師

福音に共にあずかる(2018年12月16日)

published  by

福音のためなら、わたしはどんなことでもします。それは、わたしが福音に共にあずかる者となるためです。                (一コリント9:23) 「福音のためなら、わたしはどんなことでもします」というと、キリスト […]

ユダヤ教とキリスト教(2018年12月9日)

published  by

ユダヤ人に対しては、ユダヤ人のようになりました。ユダヤ人を得るためです。律法に支配されている人に対しては、わたし自身はそうではないのですが、律法に支配されている人のようになりました。律法に支配されている人を得るためです。 […]

委託された務め(2018年12月2日)

published  by

では、わたしの報酬とは何でしょうか。それは、福音を告げ知らせるときにそれを無報酬で伝え、福音を伝えるわたしが当然持っている権利を用いないということです。           (一コリント9:18) パウロにとっては、キリ […]

永遠の命を得るように(2018年11月18日)

published  by

異邦人たちはこれを聞いて喜び、主の言葉を賛美した。そして、永遠の命を得るように定められている人は皆、信仰に入った。           (使徒13:48) ピシディア州のアンティオキアのユダヤ教会堂に神の言葉を聞きにきた […]

福音を宣べ伝える仕事(2018年11月25日)

published  by

あなたがたは知らないのですか。神殿で働く人たちは神殿から下がる物を食べ、祭壇に仕える人たちは祭壇の供え物の分け前にあずかります。(一コリント9:13)   これは、旧約聖書において聖なる場所で働く祭司たちが報酬を受け取る […]

霊的なものと物質的なもの(2018年11月4日)

published  by

わたしたちがあなたがたに霊的なものを蒔いたのなら、あなたがたから肉のものを刈り取ることは、行き過ぎでしょうか。         (一コリント9:11)  パウロは実際の種蒔きと収穫のことから、霊的な種蒔きと物質的な収穫の […]

使徒の権利(2018年10月28日)

published  by

わたしたちには、他の使徒たちや主の兄弟たちやケファのように、信者である妻を連れて歩く権利がないのですか。 (一コリント9:5)  この箇所は、当時の使徒たちがどのような生活をしていたかを示しています。すなわち、新約聖書の […]

牧師と信徒の関係(2018年10月21日)

published  by

わたしは自由な者ではないか。使徒ではないか。 (一コリント9:1) コリント教会の信徒たちは、自分たちに対して厳しい指導をするパウロの権威を否定することでパウロに対抗しようとしていました。わかりやすく言いますと、コリント […]

その兄弟のためにも(2018年10月14日)

published  by

そうなると、あなたの知識によって、弱い人が滅びてしまいます。その兄弟のためにもキリストが死んでくださったのです。       (一コリント8:11) 「あなたの知識」というのは「偶像というのは実は単なるモノにすぎず神では […]

罪に誘うことのないように(2018年10月7日)

published  by

知識を持っているあなたが偶像の神殿で食事の席に着いているのを、だれかが見ると、その人は弱いのに、その良心が強められて、偶像に供えられたものを食べるようにならないだろうか。     (一コリント8:10)  コリント教会の […]