対人関係

110 of 13 items

その兄弟のためにも(2018年10月14日)

published  by

そうなると、あなたの知識によって、弱い人が滅びてしまいます。その兄弟のためにもキリストが死んでくださったのです。       (一コリント8:11) 「あなたの知識」というのは「偶像というのは実は単なるモノにすぎず神では […]

罪に誘うことのないように(2018年10月7日)

published  by

知識を持っているあなたが偶像の神殿で食事の席に着いているのを、だれかが見ると、その人は弱いのに、その良心が強められて、偶像に供えられたものを食べるようにならないだろうか。     (一コリント8:10)  コリント教会の […]

節度のある生き方(2018年9月2日)

published  by

今からは、妻のある人はない人のように、泣く人は泣かない人のように、喜ぶ人は喜ばない人のように、物を買う人は持たない人のように、世の事にかかわっている人は、かかわりのない人のようにすべきです。この世の有様は過ぎ去るからです […]

いかに体を用いるか(2018年6月24日)

published  by
Pict_20180624

聖書  コリントの信徒への手紙一6:15-17 娼婦と交わる者はその女と一つの体となる、ということを知らないのですか。「二人は一体となる」と言われています。          (一コリント6:16) 「二人は一体となる」 […]

キリストに従う道(2018年5月27日)

published  by

コリントの信徒への手紙一6:7-8 そもそも、あなたがたの間に裁判ざたがあること自体、既にあなたがたの負けです。なぜ、むしろ不義を甘んじて受けないのです。なぜ、むしろ奪われるままでいないのです。 それどころか、あなたがた […]

侮辱に向き合う(2018年2月4日)

published  by
pict20180204

侮辱されては祝福し、迫害されては耐え忍び、ののしられては優しい言葉を返しています。 (一コリント4:12-13) パウロたちが人々から受けるのは「侮辱」「迫害」「ののしり」です。それに対してパウロたちが人々に返すのは「祝 […]

裁くのは主です(2018年1月7日)

published  by
Pict2018017

聖  書  コリントの信徒への手紙一4:4-5 自分には何もやましいところはないが、それでわたしが義とされているわけではありません。わたしを裁くのは主なのです。 ですから、主が来られるまでは、先走って何も裁いてはいけませ […]

豊かな賜物(2017年7月2日・詳細版)

published  by

コリントの信徒への手紙一1:6-7 こうして、キリストについての証しがあなたがたの間で確かなものとなったので、その結果、あなたがたは賜物に何一つ欠けるところがなく、わたしたちの主イエス・キリストの現れを待ち望んでいます。 […]

キリストによる豊かさ(2017年6月25日)

published  by
Pict_20170625

あなたがたはキリストに結ばれ、あらゆる言葉、あらゆる知識において、すべての点で豊かにされています。            (一コリント1:5)  「言葉」や「知識」においてコリント教会が豊かにされていたとは、具体的にはど […]

教会の訓練(2017年5月28日)

published  by

聖書のことば テサロニケの信徒への手紙二3:14-15 もし、この手紙でわたしたちの言うことに従わない者がいれば、その者には特に気をつけて、かかわりを持たないようにしなさい。そうすれば、彼は恥じ入るでしょう。しかし、その […]