知識を持っているあなたが偶像の神殿で食事の席に着いているのを、だれかが見ると、その人は弱いのに、その良心が強められて、偶像に供えられたものを食べるようにならないだろうか。     (一コリント8:10)

 コリント教会の中には、自分の知識を誇る信徒たちがいました。その信徒たちは「偶像はモノにすぎないのだから何も無いのと同じなのだ。だから、偶像礼拝の儀式に参加しても何の問題もないのだ」「食物自体には、人間を神様のもとに導いたり神様から遠ざけたりする力はないのだから、どこで何を食べてもよいのだ。だから、偶像礼拝の神殿で偶像に供えられた肉を食べても何の問題もないのだ」と主張していました。パウロは、これらの主張はクリスチャンとしての健全な生活を造り上げるものではなく、反対に、クリスチャンとしての健全な生活を破壊して、偶像を礼拝していた時代の生活にクリスチャンを逆戻りさせるものだと考えました。特に「弱い人々」にとって、これらの人々の主張や行動は「罪に誘う」ものであり、弱い人々に、偶像礼拝の儀式に参加して偶像の神殿で偶像に供えられた肉を食べてもよいのだ、と思わせるようにものだと考えたのです。
 それにしても、「弱い人々」が偶像礼拝の儀式に参加して偶像の神殿で偶像に供えられた肉を食べてもよいのだと思うようになることを、「その良心が強められて」と表現しているのは、不思議な気がします。「良心が強められる」というのは、本来ならば善いことをするようになるのを指すはずです。しかし、ここでは悪いことをするようになるのを「良心が強められる」と言っているのです。なぜでしょうか。実は「強められる」と翻訳されているのは、オイコドメオーという動詞の受け身形で、文字どおりに翻訳すれば「造り上げられる」ということです。パウロは8章1節で、知識ではなく愛が人を「造り上げる」ということを述べていました。それでは、知識を誇っているとどういうことになるのでしょうか。パウロはここであえて1節と同じ「造り上げる」(オイコドメオー)という言葉を使うことによって、「偶像は無である」という知識や「食物自体には人間を神様のもとに導いたり神様から遠ざけたりする力はない」という知識を誇っているならば、クリスチャンでありながら偶像礼拝をするような信徒を造り上げることになりますよ、と鋭い警告を発しているのです。           (10月7日の説教より)