あなたがたの間で、一人が仲間の者と争いを起こしたとき、聖なる者たちに訴え出ないで、正しくない人々に訴え出るようなことを、なぜするのです。
あなたがたは知らないのですか。聖なる者たちが世を裁くのです。世があなたがたによって裁かれるはずなのに、あなたがたにはささいな事件すら裁く力がないのですか。

 コリント教会には、お金か財産に関する争いがあり、ある信徒が他の信徒をこの世の裁判所に訴えていたようです。このことについてパウロは、信徒の間に争いがあるときには、いきなりこの世の裁判所に訴えることをしないで、まず教会の中でキリストによって義とされた者同士として話し合い、さらに教会の指導者に仲裁してもらって解決すべきであると考えています。2節の「聖なる者たちが世を裁くのです」という言葉は、大変唐突に響きます。一体何のことを言っているのだろうと思う方もあるでしょう。これは終わりの日の最後の審判において、永遠の命を受けたクリスチャンがキリストと共にこの世を裁く座に着くということなのです。旧約聖書のダニエル書には「天下の全王国の王権、権威、支配の力は いと高き方の聖なる民に与えられ その国はとこしえに続き 支配者はすべて、彼らに仕え、彼らに従う」(ダニエル7:27)と記されています。またヨハネの黙示録にも「勝利を得る者に、わたしの業を終わりまで守り続ける者に、わたしは、諸国の民の上に立つ権威を授けよう。彼は鉄の杖をもって彼らを治める、土の器を打ち砕くように」(黙示2:26-27)と預言されています。
 それでは、パウロはなぜここで最後の審判のことを持ち出して「聖なる者たちが世を裁くのです」と言ったのでしょうか。それは、コリント教会の信徒たちに、終わりの日に彼らに与えられる栄光ある立場を思い起こさせるためだったのでしょう。クリスチャンは現在の自分というものを、終わりの日に与えられる栄光の光に照らして理解するものです。人は過去の様々な出来事を思い起こして「ああいうことがあったから私はこうなった」というように過去とのつながりで自分を理解しようとします。また、現在の自分についての印象で「私は幸福だ」「不幸だ」などと言いがちです。しかし、キリストの十字架と復活を信じて、キリストの後に従うクリスチャンは、現在の自分を終わりの日にキリストと同じ永遠の命と栄光を与えられるという希望の光の下で見るのです。      (4月30日の説教より)